日常の有ること無いことを針小棒大に言い触らすブログ

趣味とかの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DAC付きプリメインが欲しい

ふと思ったが我が家にはリファレンス用のスピーカーアンプがない
今メインで使っているのはDACにYulong D18、スピーカーアンプに自作の6DJ8のppアンプ、ヘッドホンアンプには自作差動FETアンプである
最近お金にちょっと余裕ができたのでこれを気にオールインワンのプリメインを買ってもいい気がしてきた

ってことでネットで情報収集
自分流のアンプの選び方はデザイン
レビュー読んでもネット上じゃ視聴できないしある程度高ければそれなりに音質いいでしょってことでw

んで3つに絞りました

候補①
TEAC AI-501DA

K0000429495.jpg
実売75000円ぐらい
24bit/192kHz

アナログVUメーターがカッコいい
オーディオなんとか賞の2013に入賞
光入力が2系統ある



候補②
Wadia 151 PowerDAC mini

WADIA151B.jpg


実売10万ぐらい
24bit/192 kHz

シンプルでカッコいい
でも液晶が青いのがダセェ
リモコン付きなのがいい
コンパクトサイズなので狭いスペースに設置できる



候補③
Peachtree audio Nova

novacherry.jpg
実売13万ぐらい
24bit/96 kHz

真空管が可愛い
スイッチの切替で真空管を通すか通さないか選べる
ESSのDACチップがなにやら凄いらしい
豊富な入出力端子




今のところ見てくれだけで選ぶならNOVAだけど現実的に買うならAI-501DAだよな~って感じっす
でもデジアンって音が薄そうなのよね





  1. 2013/06/17(月) 22:47:50|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッドホン祭に行ったよ

ヘッドホン祭に初参加してきた
ちなみに読み方はヘッドホン祭(さい)だそう
ずっと"まつり"って読んでたわ(;´∀`)

今回の目当ては物販
今家で使ってるA2000Xちゃんは研究室へ持っていくつもりなので
自宅用のヘッドホンが必要となったわけ

DSC02458r.jpg

んで祭で買ったのがKOSS「PORTA PRO」、SENNHEISER「HD598」、ULTRASONE「Edition8 Julia」の3機種

DSC04890r.jpg

ポタプロは1000円と破格だったのでなんとなく買ってみた
確かにコスパはいいけど音と見た目がクソチープ
多分ギフトとかにして誰かにあげる予定

DSC04893r.jpg


HD598は以前所有していて満足度が高かったのでまた買ってしまった^p^
まあでもいつか買い戻すと泣く泣く手放したのでおk

そしてEdition8

DSC04900r.jpg

憧れのEditionシリーズ
そして定価15万()の高級機

DSC04902r.jpg

見た目の高級感が半端ないっす

万人が考えるいい音感じの無難な音作り
A2000Xに慣れたせいか高音が寸詰まりに聞こえる
低音も重心が高めで最低域まで出ていない

装着感は良い
皮の肌触りが最高

ULTRASONE独自技術のS-LOGICの恩恵で音場が独特
通常ヘッドホンは脳内に定位するが
この機種では一応頭の外に定位する
具体的には音が肌に張り付いている感じ

結論
ポタ用途なら素晴らしいと思う
自分は家で使うのでコスパが悪いと感じた
なのでそのうち売却予定(^_^;)



  1. 2013/05/12(日) 23:16:54|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真空管アンプ

真空管アンプ作りました!

DSC02756.jpg

構想は7月ぐらいからあって、部品揃えたのも7月下旬だったんですけど実際に音が出たのは10月上旬。
製作期間4ヶ月とか^p^

回路は自作アンプ神ことぺるけ師の発案したものをお借りしました。
ぺるけさんのHP http://www.op316.com/tubes/tubes.htm

半導体アンプは何台か制作したことがあったけど、真空管アンプは初めてで勝手が分からず苦労した。。。
一番大変だったのはシャーシへの穴あけ。安物電動ドリルでは2mm厚のアルミ板に穴を開けるだけのトルクが無く、穴あけ途中でドリルの回転が止まることが多々。
それと、半導体アンプなら穴は入出力端子と電源SWとVRぐらいなんだけど、真空管アンプの場合それ+電源トランス、出力トランス、真空管の穴あけがある。これらが非常にやっかいなのである。なぜやっかいなのかと言うと、これらの部品に必要な穴はドリルの歯より経が遥かに大きい。(特にトランス類は四角い穴が必要。)
従って、持っている最大経のドリルで穴をあけた後、金属のヤスリでひらすら削り穴を広げなければならないのだ。
これが苦痛で仕方がなかった。
まあでも写真で見ると自分でも良く出来たように思える。

背面
DSC02719.jpg

入力のRCA端子のRとLが離れすぎているのは秘密。

肝心の音は、素晴らしい。
最初は低域が全然出ていなくて、こんなもんかなーと思ったけど、使っているうちに全帯域で濃厚な音が出るようになった。
それと、心なしかエッジの無い穏やかな音に聴こえる。


おまけ
DSC02663.jpg

DSC03225.jpg

PS 暗闇でボウっと輝く真空管っていいよね。
  1. 2012/10/11(木) 00:16:01|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AlgoRhythm Soloを購入

iPod用のポータブルDACのAlgoRhythm Soloを購入しました。
AlgoRhythm Solo
続きを読む
  1. 2012/01/17(火) 00:25:51|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。